今、長州力のSNSが熱い!伝説・革命戦士の意外にお茶目なキャラが話題!

伝説のプロレスラー、長州力
リキラリアートとサソリ固めを武器にプロレスブームの一時代を築いた
名レスラーです。
今はもう引退し、リングから下りたことで、様々なメディアに顔を出すように
なりました。
なかでもツイッターインスタグラムといったSNSで
これまで見られなかった和やかな表情を見せてくれていて話題となっています。
今回は、そんな長州力の現役時代の凄さと今について書いてみます。

スポンサーリンク




今、長州力のSNSが熱い!

2019年6月26日に引退した長州力選手。
その後は、テレビなどマスメディアにちょくちょく出るようになってきましたが、
現役時代はほとんどTVに出たり家族を公の場に出すことをしませんでした。
やはり勝負師としてのイメージを大切にしていたのかもしれません。

でもリングを下りた今は、結構、外に出ています。家族も出してます。
とくにSNSで日々の暮らしの様子をアップしてくれています。
また、写真と一緒に載せるコメントも楽しいので、そのSNS見てみましょう。

まずは、その長州選手のプロフィールは、こちら。

【本名】 吉田光雄 (韓国系日本人で韓国名は、郭 光雄(かく こうゆう)
【生年月日】  1951年12月3日
【出身地】 山口県徳山市
【身長・体重】 184㎝ 120㎏
【得意技】 バックドロップ、リキラリアート、サソリ固め

 ツイッター 

 インスタグラム 

View this post on Instagram

毎年日にちを決めて必ず…❗ 今年は…家内…二女…三女…それでも…❗ 私一人…今年はなんとなく…大丈夫そう… 対決場所は今年は尾山台の焼き肉…ゆかわ、尾山台ではこの店は…☺️間違い…☺️ サァ〰❗集合しました…やるってか〰❗ 飲むわ〰️食うわ〰️…マジでっかー✌️ しかし1年間お疲れ様だね〰️☺️ 来年は良いことが有るように…☺️ 期待をしてますよ〰❗…マジだよ☺️ 私はこのまま何事も無くマイペースでやって行きますよ☺️…安心してくださいね☀️……ところで今夜は割り勘でいいかな…❗…‥…何が❗最低だー❗かかってこいよ〰❗ #長州力

A post shared by 長州力 (@rikichoshu) on

View this post on Instagram

プロ野球が好きな方なら必ず知っていらしゃると思いますが…もと大洋ホエールズに入団後横浜ベイスターズと最後に日ハムファイターズで最後まで野球人として頑張られた高木豊選手!ひょんな事からお会い出来ました、とても紳士的な方でお互いに歳も近く、初対面のご挨拶も気兼ねなく出来る方でしたね。 本当にお会い出来て光栄でした。 さてさて…ここからが…嘘❗マジでー 出会いのお店は六本木の行きつけの店で…もう三十年近く…?、もっと…? とにかく、しぶとく営業をしているスナックBAR、ドリームでお会い出来ました☀️どうしてこんな亡霊が出そうなお店に…?御客も…?、少し先が… しかし…?破れ被れのこの店さすがに ライブをやるときはお見事だね〰❗ やはりそれなりに…客もいますね…? 不思議な…騙されたような店ですね… そこで高木さんのピヤノ、ライブを、… 歌も上手でピヤノ演奏も…? 負けていられませんね❗…私も! 50年ぶりに…ベースを手に取り…? 完全に我を忘れてますね… そんな御店が好きで通ってますね、また高木さんともお会い出来れば…❗ 夢は寝て見ろよって最近…誰かに言ったな…?❗ さぁー明日はジムに行くかー お休みなさい☺️ #長州力

A post shared by 長州力 (@rikichoshu) on

長州力、伝説・革命戦士の
意外にお茶目なキャラが話題!

ここで、長州選手の現役時代の活躍ぶりを少し話しましょう。

1972年ミュンヘン・オリンピックのレスリング代表だった長州選手は、
1974年にアントニオ猪木さん率いる「新日本プロレス」に入団します。
そして、脂が乗りに乗ってリング上で暴れ回っていたのは、1980年代前半
1982年、メキシコ遠征から帰国後、闘いのターゲットにしたのが藤波辰巳選手。
それまで藤波選手より格下扱いされていた長州選手は、
メキシコでヘビー級タイトルとタッグの二冠王になったことで自信をつけ、
帰国後第一戦となった1982年10月8日の後楽園ホールでした。
アントニオ猪木、藤波辰巳と組んで外人部隊と6人タッグマッチを行なった際、
試合そっちのけで藤波選手にケンカを売ったのです。
それ以降、藤波選手と闘ったシングルマッチは、当時、実況を担当していた
古舘伊知郎アナから「名勝負数え唄」と言われ、幾多の名勝負を展開。
1983年4月3日には、藤波選手から3カウントを奪い、WWFインターナショナル
ヘビー級タイトルを奪取、その後「革命戦士」と呼ばれるようになります。
さらには、アントニオ猪木さんとも何回かシングルマッチを行ない、
得意のリキラリアートを前後からぶっ放ち、猪木さんからピンフォールを奪っています。

そして、長州選手というと、
やはり、この話をしなければ・・・というのが、全日本プロレスへの参戦です。
長州選手は、さらなる闘いの場を求めて、新日本プロレスを飛び出し、
それまで維新軍として共に闘ってきた選手たちとジャパンプロレスを旗揚げ。
そのままジャイアント馬場さん率いる全日本プロレスのマットに上がることになります。
ここでも標的はやはり日本人選手。
ジャンボ鶴田、天龍源一郎さんらと激しいバトルを繰り広げ、タッグ王座も強奪!
ジャンボ鶴田さんとのシングルマッチは60分フルタイムドローというとても見応えのある
試合でした。
さらには、タッグマッチでジャイアント馬場さんとも肌を合わせています。

一番好き勝手に暴れた日本人レスラーと言っていいでしょう。

出典元:https://www.asahi.com/

そんなプロレスの一時代に歴史を刻んだ長州さんは、
引退後、とてもこれまで見られなかった丸い表情を見せてくれるようになりました
まず、家族を公の場に出すようになりましたね。

ライバルだった藤波さんは、奥さんと歌謡番組や桂三枝さんのクイズ番組に出たり、
幼い頃の娘さんと一緒に笑福亭鶴瓶さんのトーク番組に出たりしていましたが、
長州さんはというと、まず家族をメディアに出すことはほとんどしていませんでした。

しかし、リングを下りた今、セカンドライフは家族と一緒に過ごす時間を作ろうと
メディアにも奥さんと一緒に出たりする場面が多くなってきました。
しかも今はインターネットの時代。
縦横無尽にネットが張り巡らされ、写真や映像をいつでもカンタンにアップできます。
家族の画像など結構上げています。

あ、お子さんですが、長州さんには、3人の娘さんがいます
その長女の結婚式の時の写真がネットに上がっていますが、
以下のツイートで、長州さんが「オッ~慎太郎」と言っている慎太郎さんとは、
こちらの写真にいる長州さんの娘婿です。
今は、長州さんのマネージャー的存在となっているようです。

出典元:https://gendai.ismedia.jp/

https://twitter.com/rikichannel1203/status/1249933840467910656

また、今回の新型コロナウィルスの影響で国民に配られている「アベノマスク」
長州さん宅にも届いたようです。
しかし、開けてみると、アベノマスクは顔の大きい長州さんには小さすぎるようで
娘たちから「そのマスク、パパは眼帯にすれば!」と言われ、それに怒った長州さん
「お前達!そこを動くなよ!」と・・・
仲のいい家族といったところが垣間見られた場面もありました。

そんな長州さん、

結構、インターネットを利用しています。
ツイッターやインスタグラムだけでなく、YouTube にも進出!
長州力【公式】RIKI CHANNEL をリリースしています。

面白いですよ。 一度、観てみてください。

まとめ

いかがでしたか。

普段、怖い顔ばかりしている格闘家が、笑ったり和やかなやさしい表情をすると
そのギャップが激しいものだから、ついつい見入ってしまいますし、
勝手に親近感が湧いてきますね。

長州さんの人生セカンドステージ。
これからどんな展開を見せるのでしょうか。
「長州さんって、こんな人だったの!?」というような楽しくホッコリする場面が
たくさん見られるといいと思います。

スポンサーリンク